文法学部

1/2ページ

第十三回 『助詞のコンボ技を狙え! ――相性の良い組み合わせ』

  • 2023.08.21

ここからは三階教室となります。   二階教室までは初心者向けに俳句のパターンを解説しましたが、三階教室からは一般論を離れて「正解のない問題」を取り上げます。持続的に作句している読者を対象に、「この話あなたならどう思う?」というスタンスで一緒に考えていくコーナーです。 そのため、これ以降の内容には「筆者はこう考えた」「筆者はこうやってみた」という経験則の紹介が多数出てきます。結果的に読者の考えとズレ […]

第十ニ回 『俳句の結び ② 句末連体止めのすべて』

  • 2021.09.15

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第十二回講義です。 前回は「用言を使った俳句の結び方」をテーマに、「句末連用中止法」を解説しました。 今回はその続編として、「句末連体止め」と呼ばれるテクニックを取り上げていきます。 この講義を読めば、俳句を締めくくる用言の使い方をおおむね把握できます。   ほかに命令形をとるケース(擬人法との組み合わせに多い)もありますが、良く使われる文法としては、上 […]

第十一回 『俳句の結び ① 句末連用中止法のすべて』

  • 2021.07.28

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第十一回講義です。 前回まで二回にわたるシリーズで、「俳句の人称」について解説してきました。 二階教室も残すところあと二回のみ。 最後は、用言を俳句の結びに使う構文を紹介します。 具体的には――「連用中止法」「連体止め」のふたつを紹介し、講義を締めくくりたいと思います。 なお、「体言止め」の俳句を基礎編とすれば、用言の結びは上級編に当たります。 名詞の持 […]

第十回 『この俳句、何人称? ② 人代名詞の効果』

  • 2021.07.20

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第十回講義です。 前回は「俳句の人称」をテーマに、主格の省略について解説しました。 今回は続編として、人代名詞を使う場合の効果を説明します。 あえて俳句に代名詞を書くと……? まずは前回のおさらいから始めましょう。 ある文章の内容から「誰についての話か?」を推定できる場合、たとえ何人称であっても主格を省略するのが俳句の常套手段でした。どこからどこへ視線が […]

第九回 『この俳句、何人称? ① 主格の省略』

  • 2021.07.08

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第九回講義です。 前回は「季語(詩情)の性質にあった構文のコンセプト」について解説しました。 今回および次回は、「俳句の人称」をテーマに、視線の引き方を考えます。 ここまでを俳句の設計図とすれば、ここからは製図法ということになるでしょうか。俳句は情景を描写するツールですので、どのように視線を引くかで構図が大きく変化します。 一回目は「主格の省略」。一人称 […]

第八回 『俳句の構文 季語の性質にあわせた詠み方とは?』

  • 2021.06.25

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第八回講義です。 前回は「韻文と散文のちがい」をテーマに、文章が俳句として成立する条件を文法的な側面から確認しました。その結果、  ・文法上の区分は表面的な形式と関係なく、詩精神を表現しているかどうかで変化する ・俳句が韻文になるためには、詩精神の表現を欠かすことができない という結論に達しました。 そこで次は、「詩情のある文章をどう組み立てれば良いか? […]

第七回 『文字が俳句になるまで 韻文と散文のちがい』

  • 2021.06.14

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第七回講義です。 ここからは二階教室となります。 一階教室が入門編だったのに対し、二階教室は句作を経験した初級者向けの位置づけに変わります。ここでは文法と俳句の関係を解説します。 先へ進む前に  『文法学部 一階教室』 『表現学部 一階教室/二階教室』 の各項目に目をとおしておくことをお勧めします。 俳句ってどんな文章のこと? “What k […]

第六回『俳句の分かれ道 表記』

  • 2021.04.03

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第六回講義です。 一階教室の最後のテーマは「表記」です。 第四回、第五回と「文体」を扱ってきましたが、「表記」は似て非なるものです。違いを知らないと、取り違えてしまうおそれがあります。ここまでのおさらいをしつつ、締めくくりまで読んでもらえればと思います。 表記の分かれ道!歴史的かな遣いと現代かな遣い 表記とはいったい何でしょうか? 一口で言えば、「古い文 […]

第五回『俳句の分かれ道 文体②』

  • 2021.04.03

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第五回講義です。 「文体」シリーズの第二回に当たります。 前回は、「文体には文語体と口語体の二種類ある」という説明をしました。 今回は、両者の違いや使い分けについて説明していきます。 道はふたつにひとつ 「文語体」「口語体」が歴史的にみて継承関係にありつつも、それぞれ固有の文体であることは、前回まででおおよそつかめたかと思います。 かたや抹消された文体。 […]

第四回『俳句の分かれ道 文体①』

  • 2021.04.03

みなさんこんにちは。『俳句大学 文法学部』の第四回講義です。 ここから新シリーズが始まります。テーマは「文体」。俳句における文章の体裁を、全二回に分けて説明したいと思います。 「文体」を一階教室でとりあげた理由は、それが俳句に深くかかわる文法だからですが、同時に地下迷宮のごとく迷いやすい難題だからでもあります。しかも選択をまちがうと即座に頓死……という初見必殺のおそろしい分岐点でもあります。   […]